特許出願済:特願2011-288706号

  • ・気持ちよく稽古できる場をつくる。
  • ・練習生への足の負担を出来るだけ少なくする。
  • ・長持ちする剣道場をつくる。

の3点から、当社では足に負担が多くかかってしまう合板フローリングではなく、
無垢(本物の木を使用した)床材の利用を前提にご説明いたします。

無垢の床材であればなんでもよいわけではありません。
樹種を選択していく中で、当社では剣道場を建築する際には
ひとつの樹種のみを推奨させていただいております。

まず、剣道場においては床材に適度な滑りが必要になります。
滑りすぎても駄目。滑らなさすぎても駄目。

適度な滑りを持たせるには、ある程度以上、表面のやわらかさを持った樹種でなければなりません。

日本では桧か、杉に絞られますが、
表面硬度から考えると若干硬い桧は適切ではありません。

かの中山博道先生も同じように
「桧というのは非常にいいけれど、冬はつるつるして滑るし、かえって狂いが来る。できるだけ古い杉で、厚さを一寸以上にして通し板にするのが一番よい。高いものにつくけれど、その代わり長持ちするよ」
とおっしゃっています。

また、赤みがち材でないと、白太と赤みの間に不陸が発生します。
節が多いと、節の部分に不陸が発生したり、節がとれたり、抜けたりします。
そうすると、様々な補修作業が発生し、予定外のコストがかかります。

以上の結果から、日本に豊富な資源量がある杉材で、節も少なく、赤みがちの材でなければなりません。
当社では国産の剣道場用に加工された杉材を使用しています。

私は材木屋なので桧や松など杉材以外の樹種もご提案させていただくことも可能です。
どうしても木材の樹種にこだわりをお持ちの方は、どうぞお気軽にご相談下さい。